So-net無料ブログ作成

「グランドキリン」シリーズを刷新 [美味しい編(お酒)]

3月28日(火)に「グランドキリン」シリーズを刷新しちゃいました。
(ニュースリリースは、 こちら )

こいつは、驚きです!


170401グランドキリン_1.jpg


ニュースリリースには、

2012年の発売以降好評いただいている「グランドキリン」シリーズを、
醸造家の遊び心とこだわり溢れるブランドとして、新たなビアスタイルを提案する
ラインアップに刷新します。
「グランドキリン」の中味とパッケージをリニューアルした後継商品となる
「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」と、フルーティな香りと
上質な苦みを楽しめる「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」を
3月28日(火)に通年で全国発売します。

なんて紹介されています。

早速、いただいてみましょう~!





170401グランドキリン_2.jpg


右側が、「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」で、

左側がこれまで定番であった「グランドキリン IPL(インディア・ペールラガー)」です。


170401グランドキリン_3.jpg


デザインも全く変わっちゃいましたが、

裏ラベルにいたおじさんもいなくなっちゃっていますね。


170401グランドキリン_4.jpg


キャップのGマークも角々したデザインに変更してます。

それでは、飲み比べてみましょう。


170401グランドキリン_5.jpg


まずは、「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」をいただきました。

グラスに注ぐとホップの良いかほりがします。

一口飲むとしっかりした苦みが広がります。

そのあとに続くコクもいいですね。

喉ごしの苦みの余韻を楽しみながら、鼻に抜ける柑橘系のかほりも楽しめます。

美味いね!

170401グランドキリン_6.jpg


続いて、「グランドキリン IPL(インディア・ペールラガー)」です。

グラスに注ぐときれいな泡がたちますね。

一口飲むとJPLと違って、しっかりした苦みを感じます。

そのあとのコクもいい感じです。

JPLよりもほんの少し甘さも感じます。

喉ごしの苦みとコクと甘さの余韻が続きます。

JPLは、より男らしいテイストになったのではと感じました。


170401グランドキリン_7.jpg


同時発売された「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」もいただきました。


170401グランドキリン_8.jpg


IPA用のグラスに注ぎました。

グラスに注ぐとホップのかほりがいいですね。

一口飲むと程よい苦みとともに爽やかなかほりが広がります。

IPAにしては、苦みがそんなに強くありません。

JPLの方が苦みは強いと思います。

アルコール度数も5.5%なのでIPAにしては、少ないですね。

しかし、喉ごしの苦みの余韻は、IPAらしいテイストに仕上がっていますね。

IPAの入門としては、いいのではないでしょうか。

新しくなったグランドキリンですが、

皆さんは、どのような印象をお持ちでしょうか?

私は、キリンさんがこれからどうしていくのかが興味深いです。

お勧めです!


早速、4月18日(火)には、「グランドキリン ひこうき雲と私」を数量限定で全国発売します。

これまた、楽しみですね。


170401グランドキリン_9.jpg


170401グランドキリン_10.jpg



170401グランドキリン_11.jpg


おつまみには、天ぷらをいただきました。

こごみタラの芽大葉レンコンなど春の食材を満喫しました。

ビールが進んじゃいますね。





nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 28

コメント 2

トリック

 キリンさん、色々やるね~。去年は株価の上がりも良かったみたい。
by トリック (2017-04-23 22:54) 

コバヤン

トリック さん、こんばんは。
本当にキリンさんは、いろいろチャレンジしていますね。
株価も上がっているんですね~!
by コバヤン (2017-04-28 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。